スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

グアテマラって…

片桐はいりさんの本を初めて読んでいます。
「グアテマラの弟」というエッセイなのですが、このタイトルにまずびっくりしますよね。グアテマラの弟って…。これ、旅好きなはいりさんのことだから、グアテマラで出会った弟的な人のことかと思ったら違います。比喩的な意味でもなく、まぎれもなくグアテマラ在住の実の弟さんの話です。旅先でグアテマラの魅力にはまって、そのまま住み着いてしまったのだそう。その弟さん家族(←現地でグアテマラ人と結婚)に会いに行った話や、その家族が日本に来た時の話です。
グアテマラについての知識は全然なかったのですが、読めば読むほど、いやぁ私は住めないなぁ〜〜という感想を持ちます。とっても楽しそうなんですけどね。
話の内容もとっても面白いんですが、はいりさんがこんなに文章が上手いとは! 面白いながらも品が良く、頭の良さが窺えます。
もう少しで読み終わってしまうので、またはいりさんの他の本も読んでみたいと思います。

 

Posted by emmy at 22:53 | 本・DVD etc | comments(0)

ありのパパ。

春休みに長男と「アナと雪の女王」を観に行きました。絶賛されているだけあって、とっても良かったです。吹き替え版で観たのですが、松たか子さんと神田さやかさんの演技も歌も素晴らしい。役柄にぴったりなんですよね。二人に是非実写でやってほしいくらい。
始めは乗り気でなかった長男ですけど、結構面白かったようで、それ以来タブレットを開いては「アナ雪」の歌を繰り返し聴いてます。


次男は以前、「おかあさん、ありの歌うたって」というので「ありの歌?ありさんと、ありさんが…っていうやつ?」と聞くと「違う。いつもテレビ見ておかあさんとお兄ちゃんが歌ってるやつ」と。あ〜〜〜、「ありのまま」ね。ありのままっていう言葉を知らない次男はアリのママの歌だと思っていたようで。もっと面白いことに、その後次男は「ありの〜パパの〜」と、まじ間違いで歌っておりました(笑)


 

Posted by emmy at 23:57 | 本・DVD etc | comments(0)

平穏な気分を求めて。


あんまり読書の時間がとれなくて、図書館で借りては読まずに返却の日々。
すこし読めたのは庄野潤三「庭のつるばら」。ずっと読んでみたかった庄野潤三。これは一応小説に分類されていますが、随筆なのかな。夫婦の晩年を淡々と書いてる日記のような文章で、特に面白い事件は起こらないんだけど、そこにはしみじみとした幸せが広がっています。美味しいものや、きれいな花のこと、家族の日常など、「暮らしの手帖」を読んでいるような感じがします。こんな晩年を送れたらいいなぁ。

もう一冊は「食べたら種まき」。食べ終わったあとの野菜や果物の種をまいて、観賞したり収穫して食べようという本。子供の時に、食べ終わったリンゴやサクランボやたまにあるミカンの種を植えてみた人は多いのでは?簡単には発芽しないけど、でもきちんと条件が揃えば、生ごみにならずに成長するらしいです。
我が家のアボカドも大きくなってきてるし。
スーパーで売られている野菜は品種改良されていて次に同じ実が出来ないものがほとんどだそうですが(それもまたオソロシイ話ですね)、今度はトマトの種を植えてみようかな。
 

Posted by emmy at 10:27 | 本・DVD etc | comments(0)

居てよしッ!

期間限定のYahooポイントが切れそうになってたので、何か買わないと、と慌てて探して選んだのがこれです。
「すいか1」
名作ドラマの文庫化です。
とにかく「すいか」が今までで一番好きなドラマなのですよね。視聴率的にはあんまり良くなかったらしいけど、コアなファンがたくさんいるようです。出ている人がみんな素敵なの。名言もたくさんあって。
木皿泉さんというのは、夫婦脚本家のユニットの名前だったとは今回初めて知りました。「すいか2」はまだ買ってないんだけど、最後にドラマには無かった「10年後のすいか」が書かれているとか…
気になります〜〜

なんだか歳のせいか、悲しい話や子供が傷ついたりいじめられたりってドラマや映画が辛くてみていられません。といいながらも見てますが...。でも大病を患うってのは見れません…

楽しいのがいいですよ、やっぱり。現実のニュースでも毎日悲しい事件ばっかりなんだから、フィクションだけでも夢が欲しい。
最近「すいか」みたいなドラマがないから淋しい限りです。決して楽しいだけの話じゃなかったんだけど、面白いツボが随所にありすぎだった。

三谷さんも、このところ映画や舞台ばかりでドラマやってくれないし…
明るいドラマ求む!



 

Posted by emmy at 23:22 | 本・DVD etc | comments(2)

ワールド。

マスコミや世間が「つくる、つくる」と騒いでいたのですが、新作は結局読まないことにしました。

私の好きな村上ワールドは、もうとっくに終わってしまっていたのです。最近の何作かを読んで、じわじわと感じていたことが、1Q84で決定的になりました。

もう四半世紀(←ぎょぎょ)一番好きな作家は、と聞かれると迷わず村上春樹と答えてきました。でも、ノルウェイの森が爆発的に売れた時にはもう、なんか違うなぁと思っていました。この辺りから、ファンタジー色よりも現実味が強い作品になってきましたよね。
私は長編に関してはそれ以前の、いわゆる羊シリーズが好きなんですよね。一番好きなのは「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」ですが。世界の終りは、ファン投票ではいつも一位ですよね。何度読んでもほんと、面白い。エッセイでは「遠い太鼓」が大好きで、これも数えきれないほど読見返してます。反対にノルウェイ以降の作品は、買ったもののもう一度読みたいと思わないかな。「ねじまき鳥〜」は面白いけど、読むに堪えない残酷シーンがあって、読みたくても読めなくなりました。あのシーン、必要だったのかな…


好きな作家さんってなかなか出会わないので、作風が変わってしまって自分と合わなくなるのはとっても淋しいな〜。
たぶんこれからは新刊が出ても買わないとは思いますが、好きな作品はボロボロになるまで、まだまだ何度も読んでいきますよ。




Posted by emmy at 15:36 | 本・DVD etc | comments(0)

名もないおかず

土井善晴さんの本。「名もないおかずの手帖」
図書館で借りてます。 
ニッポンの食卓に昔から並んできた、名もないおかずたち。こういうのいいですよねー

土井さんの本はどれも素晴らしい。揚げ物するのが大嫌いだった私が、最近から揚げを揚げるようになったのも、冷たい油にお肉を並べてから火にかけるっていう土井レシピをやってみて美味しかったからなんですよね。

この本からのおすすめはアボカドの揚げだし。最近ブームのアボカドだけど、揚げるっていうのは新鮮で美味しかったです。簡単なだしの作り方も載ってて嬉しいし。

こういうおかずを、パパッと何品も用意できるっていうのが理想であり目標です。

Posted by emmy at 23:21 | 本・DVD etc | comments(0)

寝不足の素


図書館の順番待ちがやっと回ってきました。江國さんの「金米糖の降るところ」です。結構厚いので二週間で読み切れるかな^^;
その前に、酒井順子さんの「ズルい言葉」も借りてあったのですが、これがすごく面白いのです。年代が一緒なのか、言ってることすべてに「そうそうそう!」とうなずいてしまいます。
いつも寝る前に読むので、好きな本があるときはベッドに入るのが楽しみでなりません。

となりは、TSUTAYA DISCASのお試しで借りてる「すいか」です。ネットで借りて自宅に届き、ポストに返却〜(これは他社のCMですが^^;)ってシステム。お試しで入会すると一か月に8枚まで無料で借りれるんです。在庫量もすごいし、予約できるっていうのがいいですよねー。お店だと、人気のある映画はいつ行ってもレンタル中で、運よく返却直後に来店しないと借りれらないもんね。
一か月以内に解約すると料金はかかりませんよ♪

ところで「すいか」。
オットと常々、今までで一番面白かったドラマの上位に入ると話していました。もう一回見たいなーといつも言ってたので連続して見れて良かったです^^
今見てもやっぱりホント面白い!キャストもストーリーも映像も歌も全てが好き。市川さんが可愛くて最高です。またこんなセンスのいいドラマ作って欲しいな〜
 

Posted by emmy at 14:48 | 本・DVD etc | comments(2)

本が無くては始まらない

入院する前に図書館でたくさん借りて、持っていったなかで面白かった二冊。
土井善晴さんの料理本は初めて読んだのだけど、とっても良かった!これは基本の献立ばかりですが、私が作るものと同じとは思えないほど美味しそうで(当たり前か)知らなかったコツなどもたくさんあって、う〜ん、この本欲しい〜

もう一冊は、これも初めて読む作家さん。西加奈子さんの「円卓」。新聞の書評欄で面白そうだと思ってすぐに図書館に予約を入れたうちの一冊。順番が回ってくるまでにかなりりの月日がかかるので、どんな内容なのかはすっかり忘れてました。これがまた、面白かった!主人公は小学生の女の子で、洞察力に長けてて、すごく辛辣で。こんな小説初めて読んだ。当たりだった。
 

Posted by emmy at 17:51 | 本・DVD etc | comments(2)

すてきなあなたに

少し前から、暮しの手帖の大ファンになったワタクシです。

本の中のコラムだけを集めた別冊が図書館にあったので借りてみました。これはおしゃれ篇なのですが、ちょっとしたおしゃれの知恵や、町で見かけた素敵な人の話、筆者が心がけていることなど、多岐にわたります。
その内容の素敵なことと言ったら!
あるお話では自分がパリの街角を歩いている気分になり、次のお話では近所の空き地の花々を摘んでいるような気分に。
すてきなあなたに、っていうタイトルも素晴らしいと思いませんか。なんだかすでに、少しいい人になったような気分です。こんなふうに生活を楽しんで、自分のことも周りの人のことも気分よくできたら、幸せだろうなぁと思います。
 

Posted by emmy at 11:12 | 本・DVD etc | comments(0)

小さいシリーズ

6歳の長男。本が大好きなのですが、どんな本を選んだらいいのか、ちょうど端境期で難しいの。絵本の時期がすぎて、「忍たま」「かいぞくポケット」などのシリーズを読み聞かせていましたが、図書館にある本はほとんど全部読み終えてしまいました。あと二、三年したら自分で読める楽しい物語がたくさんあるのだけど、まだまだ挿絵がないと分かりづらいようです。
図書館のリファレンスで紹介してもらったりして長男の気に入るものを色々探しています。
今回は、私が小学校の時に大好きだった「小さい魔女」「小さなスプーンおばさん」を借りてきました。
スプーンおばさんは、前にアニメ映画で見たこともあって、読み聞かせても楽しんでくれたようです。でも魔女のほうは、出てくるカタカナの名前も覚えにくいし、いまひとつ楽しくないようで途中でやめてしまいました。まぁまたいつか読む時が来るかもしれませんけどね。私はこの本の、版画みたいなひっかき絵のような挿絵がとーっても好きだったのです。今見てもやっぱり素敵だわー^^
 

Posted by emmy at 13:18 | 本・DVD etc | comments(0)

Sun* Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Bookmarks

Profile

link

link

Search this site.